ロングリードの絡まない束ね方・その①8の字巻き

度々使用しているロングリード

いま使っているのは10mが2本
元は20mだったのを切ったもの
必要に応じて繋げて20m弱にしています

長いので使い終わったあとは
うまく束ねておかないと、いざ使うときに
絡まってしまいます

私の束ね方を二つ紹介します

まず8の字巻き

音楽関係のケーブルなどを巻く時によく使われている巻き方のようです。

親指と肘に8の字に巻いていきます

dsc_2141
まず親指に輪っかを引っ掛けて

dsc_2142
肘の外側に引っ掛けて

dsc_2144

また親指に引っ掛けます
dsc_2145

dsc_2146
数字の「8」の形に親指と肘に巻きつけていきます

dsc_2147
これを繰り返すだけです

dsc_2154
最後は真ん中辺りでマジックテープで止めます

dsc_2159
できあがり!

これはとても早く畳むことができて
ほどく時にももつれません!

ですが!

遊んだ場所が泥だらけだったり、濡れていたりすると
指先から肘・・・二の腕くらいまで、汚れてしまいます・・・

冬の間は、犬の散歩用の汚くなってもOKなジャンパーを
着ていたので良かったのですが、
上着が綿素材だったりして、撥水加工のないものだと
ドロドロのびしょ濡れになってしまうのです

・・・で、一度単純に束ねて、持って帰ったら
えらく絡まってしまって大変でした

・・・で、指先だけでできる束ね方はないかと
いろいろ探してみました

その②に続きます

dsc_4420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
                    
スポンサードリンク
                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です