犬の「歯磨き講座」口腔内環境で全身に影響があるって!!

亜子さん主宰
講師が金子 由美江先生の
歯磨き講座を受けてきました~~!

DSC_0041
ラムネの歯石・・・
今のうちに何とかしなくちゃなぁ・・・って思ってはいたのです

以前に一緒に暮らしていたGレトリーバーたちやマレンマは、
自分でスケーラーを使って、歯石を取ってました
奴らは口が大きくて、ガバッっと開くし
唇もビロビロで伸びるので、引っ張って歯が見えるようにできたし
歯も大きいし、太いし、頑丈な感じがしてて
躊躇なくガシガシ出来てました

ラムネも同じようにやったろ~って
チャレンジしてみたことはあったのですが
奴らに比べて
口も小さいし
ビロビロしてないから奥の方まで見えないし

無理やりやると痛い思いをさせてしまいそうで
あんまり力を入れることが出来ず
歯石が取れなかったんです

歯磨きも嫌がるし(ほとんどの犬はそうだろうけど)

ほんと、どうしようかなぁ・・・って思っていたところに

歯磨き講習ですよ!!
しかもあの金子先生!
これは、ワンコに負担のかからないやり方を教えて頂けるに違いない!
しかも金子先生のトレーニングの一端も見られるに違いない!

実は中学時代の同級生に先生を紹介したところ
愛犬と一緒に教室に行って
「初めて納得できるトレーニングが受けれた~!」って
とても喜んでいて、紹介してよかった~って思えた金子先生!
その同級生のFBを見て
「私も金子先生のトレーニング受けた~い」って
思っていた金子先生!

申込が解禁?になったのを知ったと同時に申込みました~~~!

 

DSC_0706

・・・で、先ず座学

「なぜ歯磨きが必要なのか!?」

 

今まで、
歯が抜けたり抜いたりしたお年寄りワンコの話はたくさん聞いたし
お口が臭~いワンコがいても、トシだからなぁと思いつつも
でもかわいいわが子の口が臭いのはちょっとツライから

やっぱり歯磨きは大事だよねぇ・・とは思っていた

しかーし!
そんな甘いもんじゃありませんでした・・・

口内細菌は・・・
歯の根っこの部分から
血管やリンパ管なんかに入って
全身に広がっていくんだって・・・

そして心蔵・肝臓・脾臓・・・などの病気も起こすって・・・
・・・((;゚Д゚))・・・

人間の話として、口腔内の環境が内臓に影響するらしいって
ちらっとテレビで見たことはあった!!

でも歯も割と丈夫で、内臓も頑丈な私、
あんまり危機感がなかった

だけど・・・そうだよね、イヌだって同じだ・・・

そして・・・

整体師金子先生の元にやってくるワンコたち
やっぱり口腔内の状態が悪い子が多いらしい・・・

お口の環境が悪ければ、整体の施術をして
その時はよくなっても、その状態が長く続かない・・・らしい

もちろん、整体に来るワンコの高齢率は高いだろうから
口の中もやっぱり高齢ならではの問題は当然あるだろうけど

それでも、施術の時に先生の話を聞いて
口腔内の環境を良くしていったワンコと
そのままやらなかったワンコでは
整体の後の身体の状態が全然違うという話だった

身体の良くないところを施術という形で治しても
お口の中にいる悪いヤツラが
歯茎の傷んだところから身体の中へ
どんどん入り込んでしまうんだから
一時的に良くなっても、また悪くなっていくんだよね

なので体を楽にしてあげる為に
獣医さんに相談してもらって
抜歯をしてしまった方が良くなる場合もあるのだとか・・・

抜歯をしなければ治せないような状態にならないように
全身の状態、歯の状態が良いうちに
上手な歯磨きができるように、今から少しづつ練習していけば

その練習で歯も綺麗になり
口内環境も良くなり
歯磨きも心の負担にならず
・・・で年を重ねられる

 

Point Blur_20170527_204857

・・・ってことで、ワンコたちのおしっこタイム&休憩のあと

実際の歯磨きを見せて頂く&どうやって慣らしていくかを
教えて頂きます~!

続く・・・

 

 

 

 

スポンサードリンク
                    
スポンサードリンク
                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です