犬の訓練・家庭犬訓練・訓練でいい子になる?

家庭犬訓練を受けてみたことがあります
かなり昔の話ですけどね・・・

その後も
長いこと犬と暮らしてきて
そしてお宿のお客様のワンコ家族とお話してきて

訓練・・・ってものに対して
訓練を受けていても・・・???って思っていたことがありました
訓練を受けていても、実生活でのいい子とは限らない・・・
躾の本に載っていることを実践しても、
思っていたような行動をしてくれない・・・

どうしたら自分の望むワンコとの関係が築けるんだろう・・・

昔、初めて犬に訓練を受けさせたというのは
1990年頃、ワンコはゴールデンレトリバーでした

その頃は、まだ成犬のゴールデンが自分の住む街中にはいなくて
犬に詳しくない舅と姑を「中型の大きめ」「これくらい(かなり小さめに表現」と騙して
飼うことにしたのですが

フレンドリーな犬との評判ではありながら、やっぱり大型犬・・・

うまくコントロールできなくて、一生檻の中・・みたいになってはかわいそうだから
きちんと訓練を受けさせて、ちゃんと幸せな犬の一生を送らせてあげたい!

子どもの頃に一度は憧れた訓練士さんの仕事ぶりを垣間見たい!

そんな気持ちで近所の訓練士さんをイエローページ(職業別電話帳)で探しました

その時探した条件は、
女性の訓練士さん、預けるのではなく通いで訓練してくれる方

・・・で、近所にぴったりの方がいらっしゃって
訓練をお願いすることになりました

さて、訓練にもいろいろあるようなのですが
とにかくこちらは、警察犬訓練のイメージしかありません・・・

でも、本で調べたところ

家庭犬訓練試験(CD)なるものがあって

CD1(家庭犬訓練試験初等科)
CD2(家庭犬訓練試験中等科)
CD3(家庭犬訓練試験高等科)
CDX(家庭犬訓練試験大学科)

と、段階がある

基本の種目が5つだったかな・・・
それが初等科だったと
そこから種目が増えていくと段階が上がる感じ

一番初めの種目は、10m×10mのコの字型を
紐付きで歩く「ひも付き脚側行進」だったと記憶してます
(詳しいことはググって見てくださいね)

訓練士さんに
「どこまでやりますか?・・・」って聞かれて

では「中等科合格まで」で・・・ってお願いしました
生後何カ月だった?とか
費用とか、全然覚えていませんが・・・

来てもらっていたのは2~3カ月くらいだったような気がします

週に3回か4回くらい来てくれて、
犬を連れて近所の広場か神社の境内みたいなところで訓練して
そして連れて帰って来てくれる・・という形で

しばらくたった時

こんどは私のお休みの土曜日に
私も一緒に・・・・と言われました

そして、土曜日・・・

高架下の空き地で訓練!

まず先生がお手本を見せてくれて

「はい!やってみてください!」

同じようにやっているつもりでも、全然犬の動きが違う!
同じように動いてくれません・・・というか、
全然動いてくれない!やってくれない!・・・ってところから

先生の叱り方、褒め方、見せてもらって、教えてもらって
真似をしていくうちに、だんだん出来るようになっていきまた

先生 「だいぶ出来るようになりましたね」

私(犬を見ながら)「そうですね~!だいぶ出来るようになりましたね~」

先生 「あ、犬じゃなくて・・・」

私  「・・・!、私がですか?」

先生 「そうです!犬はもう出来てますから!」

私 「じゃ・・・できないのは私のせいですか?」

先生 「そうです、犬は完璧に出来てますから・・・」
・・・という会話を今も忘れていません

この時、犬はハンドラー次第なんだ・・・と実感したことも
覚えています
う~ん、車の運転みたいな感じ???

訓練士さんとやると、ビシっっとやるんだけど
同じ種目を私がやっても、なんだかデレデレやってました
訓練士さんは「ママとやると嬉しそうで良いですね」なんて
言ってましたけど・・・(´・_・`)

そのわんこ(ゴールデンのももちゃん)は難なくCDⅡに合格し、
訓練競技会なるものにも出させてもらったりして
(自分でハンドリングしてです)
通いの訓練は終了となりました

その後、モモは、ペットと泊まれるお宿の看板犬として
教わった種目(芸っぽいものもたくさんあった)を
お宿のお客様に披露して、喜ばれていましたし
もも自身も披露する時間を楽しみにしてました

続きます

スポンサードリンク
                    
スポンサードリンク
                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です