犬との理想の暮らし・・・犬の問題行動はどうする?MASUMIさんのメルマガでメカラウロコ!!

 

犬と自分の理想の暮らしを想像したとき

一番に思ったのは、並んで歩くお散歩でした

一緒に並んで歩いて、時々犬が自分を見上げて
「おかあさん、お散歩楽しいね♪」って言ってくれてる感じのお散歩
あとは、当然だけど問題行動がない暮らし・・・
(吠えたり、咬んだり・・・ですね)
理想の暮らしができたらいいなぁ・・と思っていたけど
理想どうりには行かないよね・・・とも思っていた
引っ張られないで、並んで歩くの・・・のは、ある程度はできそうだけど
見上げて・・・は、難しい

問題行動・・・は、無いコを選べばいいかな・・・
特に吠えは困るし・・・

・・・と、思ってました

でも、MASUMIさんのメルマガ、ブログを読みあさったら
一緒に歩いて見上げてくれるようになれるかも・・・

もし最悪、吠えたり、咬んだりの問題行動がでるワンコでも、
MASUMIさんのメールセッションを受ければ大丈夫!・・・

って、考えが変わり、
どんなこが来ても、どっちにしても楽しみ!になってきました

MASUMIさんのメルマガを読んで
私が一番メカラウロコだったのは、犬の行動と心理について!

犬の行動と心理っていう本をうんと昔に読んでいたし
少しは知っていると思っていたんですけどね

考え方を根本から、クルンと引っくり返されました~!
散歩で引っ張ること
散歩で犬に吠えかかること
家で吠えること
その他、犬の問題行動・・・って

犬にさせないようにする!行動を抑える!そうしないと自分が困る!

って思っていましたから・・・
でもMASUMIさんは、

その全てを、犬がかわいそう・・・と言うのです

犬が散歩のときに引っ張る!ときには二本足で立って前へ出ようとしている、
それは「犬の体に負担が掛かっていてかわいそう」だと

私は、「犬がしたくてしてる、それは困る、止めさせないと!」って思っていたのに
MASUMIさんは、「犬がそうしてしまう心理になっていることがかわいそう!」だというのです

犬は群れで生きる動物で・・・
群れには頼れるリーダーがいなくてはダメで・・・
それが原因だということは、
ある程度、犬を知っている人は持っている知識だと思うのですが

そのために起こっている問題行動を(心と身体にかかる負担を)

かわいそうだ・・・

と考えて、

飼い主が困るから・・っていう視点で

止めさせる・・・のではなく

かわいそうだから、そうしなくても大丈夫・・・な心理にもっていく!
そこが私にとっては、メカラウロコでした

↓そのMASUMIさんのブログはここ
まぐまぐ Doggies 911

↓MASUMIさんのセッションなどで問題を解決した方の声
D911 TOP DOG Voice

 

スポンサードリンク
                    
スポンサードリンク
                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です