保護犬の迎え方(我が家の場合)

さて、わんこを迎えると決めてから
いえ、迎えると決める前から
たくさんの保護犬のサイトでわんこを見ていました。
ボラ団体のサイトをみたり
全国の情報をまとめて登録しているサイトを覗いてみたり

その中でも

家に近い団体からがいいかなぁとか

どうせなら県内の団体から引き取ろうかとか

現実に見て大きさを見ないとなぁ・・・と
シェルターを見に行ったり

たくさん見すぎて、みんなかわいくて、どのコでも良いようにも思えました。

でもだからこそウチのこになる子をちゃんと探さないと・・・とも思いました。

申し込みしようかどうしようかなぁ・・・と思っている間に、
譲渡先が見つかって募集中止になってしまうこともあったり

申し込みのメールしても返事が来なかったり・・・

ウチの環境で断られたり
(賃貸の集合住宅だし、私がパートに出ているため長い留守番の日があるし)

なんだか保護犬てハードルが高い!?って思ったりもしました。
(預りボラさんから見れば、仮とはいえ我が子ですから、気持ちはわかります)

もうウチにわんこを譲渡してくれる人なんていないんじゃぁ・・・と思って
いっそペットショップに・・・と、ちらっと考えが浮かんだこともありました。
(いやいやいや、それはダメでしょ・・・と自己ツッコミ入れましたけど・・・)

保護犬を迎えた方のブログに
「ウチにわんこを託してくれる人はいないのではないかって思った」って
書いてあったのを見たときは、やっぱり・・・って

でもその方は
「諦めずに探していれば、ウチにぴったりのコがやってくるよ」とも
いっていたので、とにかく諦めないことにしました。

今は時期ではないのかなぁと思い
とりあえず運搬のボラでもして時期を待つか・・・と
譲渡会へ預りボラさんとわんこを運ぶお手伝いをしたり
(一度だけでその後連絡が来なかったのでそれっきりになってしまいましたけど・・・)
そうやっていろいろ見たり、やったりしているうちに
自分が本当に迎えたいワンコの姿がはっきりしてきました。

大きめの小型から中型くらいまでの若い成犬
(いろいろ一緒にアウトドアで遊びたいから)
・・・で顔がモシャモシャしてるテリア系のわんこ

どのサイトを見ていても、やっぱり一番気になるのは
そんな感じのこでした。

早くにわんこが決まってしまっていたら
本当に自分が一緒に暮らしたかった犬に
後で気がついてしまったかもしれません。

あの時間は必要だったんだなって今になると思います。

DSC_0270

スポンサードリンク
                    
スポンサードリンク
                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です