譲渡会に行って、わんこに会ってみた(保護犬の迎え方・我が家の場合)

毎日毎日、里親探しの登録ワンコの写真を見て
条件を見て、預りさんのブログを読む・・・

ある日その中から、白黒の1匹のわんこを見つけました。

そのわんこの預りボランティアさんのブログを読んで(過去のわんこのも)、
なんとなく犬に対する考え方も、自分に近いものを感じて
その白黒ワンコの譲渡を希望する連絡をとりました。

ただ実をいうと、そのわんこはすごく可愛かったのですが
好みのドンピシャではなかったんです。

でもそんなことを言って、ずっとネットでだけ見て探していても
先に進まない!なにか行動を起こさないとって思ったんですよね。

譲渡会にいきなりいっても、モシャ犬さんがいるとは限らないし
モシャ犬に会える譲渡会に行ってみる!っていう行動を起こさないと!って・・・
でもこれまたすぐに譲渡会で会えたわけではありませんでした。
そのわんこの具合が悪くなり、手術が必要になったりして、
譲渡会で会えるようになるまでにしばらく日にちが経ってしまいました。
なかなか先に進まないなぁ・・・
この時もう4月になってました。

そして無事手術を終えて、元気になって、
「いぬ親会」(ちばわんの譲渡会)に参加するというので行ってみました。

やっとご対面!

残念だったのは、モシャ顔のワンコだったのに
キレイにカットされて整えられてたこと・・・と

他にも希望者さまがいること

預りさんとお話しているときに
その希望者さまの方に決まりそうだなぁ・・・という感じ

・・・で、預りさんとお話をして
モシャ顔の犬が好きだとお話していたら

新しくセンターに収容されたワンコの中に
モシャ顔のこがいますよ!って話になりました。

実は私、センターレポートは毎週見ていて
その子達(2匹姉妹)が収容されたことは知ってましたし
その子達は私の好みにぴったりだったので

「ああ、知ってます!白茶ブチの姉妹ですよね!タイプです~!」と言いつつ

白黒の子に申し込んでおきながら、別のコの話をするのはありなの?・・・って
ちょっと思ってましたけど・・・

この話をしていたので、預りYさんと繋がりができて、
結果ラムネを譲渡してもらえたので

譲渡会を覗いてみたり、預りボラさんとお話をすることをおすすめしますよ~!

スポンサードリンク
                    
スポンサードリンク
                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です