ガクブル、パニックにしないために・・・同情よりも毅然とした指示がいい!

ワンコが怖がったり、パニックになりそうな時の対処
メルマガやレッスンで教わったことを試す機会がありました

これも自分的にはメカラウロコでした

2016/1/23 (190日目)

賃貸の我が家、テレビの配線を新しくすることになって、
その工事の時に来た営業さんにノセラレて
インターネット回線も新しいものに変更することになり

2週連続で、室内に工事の人が入りました

テレビ回線工事の時は
いち早くケージに入って気配を消していたラムネ
その気配の消し方は、ケージの前に座っていた営業さんが
「・・・で、ワンちゃんは何処にいるのですか?」
って、言ったくらいでした

なので、1週間後のネット回線工事の時も、さっさとケージにインすると思っていたのですが
工事の人たちが部屋に入ってきたときに、なぜかベッドの上にのってしまい

直後にケージの前を工具箱などで塞がれたため、
ケージに入れなくなってしまいました

まあ、吠えないし、ラムネがベッドの上がいいなら、それでもいいかな・・・と思っていたら

同じベッドの対角に座っている私にも
振動が伝わってくるほど、ガクガクぶるぶるしちゃってました

・・・で、

「COME !」で 呼んで
「伏せ」をさせて

「こんなもん、怖くないよ!大丈夫大丈夫!」と笑って声をかけたらば

ピタッっと震えがおさまり

その後

20160128052417930s

まだ工事中にも関わらず

寝てました・・・ (・o・)

不思議ちゃんだから?

かと、その直後は思っていたのですが

見知らぬ工事の人が二人も入ってきて
怖くて(どうしたら良いのかわからなくて)
パニックになって震えていたラムネに

そばにきて伏せしてればいいんだよって
(どうすれば良いのかを)
教えたことになって

落ち着いてくれて

私を信頼してくれて安心できたのかなぁと思えてきました

前にも実家で
ラムネを門扉に繋いで待たせようとしたら、
ラムネが動いてしまって
門扉がパタパタしてしまい
軽くパニクる!という事態になったのですが

「座れ!」をさせたら

落ち着いてくれて
門扉も止まり
パニックを回避できたことがありました

とりあえず落ち着かせられる方法は
「座れ」や「伏せ」だと
お散歩レッスンで教わってて
それを試してみたのです

レッスンを受ける前にも先生のブログを読んでいたし
マスミさんのメルマガなどでもそう書いてあったので
やってみたのですが

あんなにガクブルだったのが
寝られるくらい落ち着かせることができるんだ~~!!と
あらためて、その威力にビックリ・・・

今までのワンコたちも、「座れ」「伏せ」はやってたけど
こうゆうことで使ったことがなかったなぁ・・・

ガクブルの時って
「そうなの?怖いの?かわいそうに・・・」ってなっちゃいがちだけど
それは逆効果なんだそうで

たしかに毅然と「そこに座ってればいいの!」って
「怖がる必要なし!」って
ビシッと指示してあげたほうが安心してくれる

人間の心理からしたら不思議だけど
たしかにそうだった!!

う~ん、ワンコって
知れば知るほど面白いなぁ!

 

 

 

スポンサードリンク
                    
スポンサードリンク
                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です